fortop

世田谷区 豪徳寺の眼科 そが眼科クリニック 緑内障、白内障、小児眼科、一般眼科を経験豊かな専門医が対応します。

緑内障
まつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」
『グラッシュビスタ』日本ではじめて承認された睫毛貧毛症治療薬(まつ毛育毛治療薬)であるグラッシュビスタ。自分のまつ毛を太く、濃く、長くしたい方におすすめです。ご希望の方はお問い合わせください。
携帯サイト
ドクターズファイル
携帯サイト
当院へのアクセス
患者の気持ち

緑内障

緑内障は、眼圧や眼球の構造など複数の要因により視神経が障害され視野が欠けてしまう病気です。

40歳以上の方の20人に1人が緑内障であるとされています。その中でも、自分が緑内障と気付かないまま眼科を受診し、初めて病気を指摘される方が約8割と言われています。40歳以上の方は眼科健診をおすすめします。

緑内障による視野障害の進行

初期

視野の中心からややはずれたところに暗点(見えない点)が生じますが、ご自身で異常に気がつくことは殆どありません。

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない視野)が広がってきます。
しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気がつかないことが多いです。

末期

視野が更に狭くなり、視力も低下し、日常生活にも支障をきたすようになります。
更に放置すると失明に至る危険があります。
以上の様に緑内障は早期発見が大切な疾患になります。早期発見と適切な治療により、多くのケースでは十分な視野・視力を保つことができるようになっています。
失明するかもしれないという不安を抱きながら生活するよりも、「おかしいな?」と思った時はすぐに眼科医に相談してください。

緑内障の種類と特徴

種類 特徴
開放隅角緑内障 ・房水の排水部分である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇。
・自覚症状が乏しく、進行してから視野欠損が生じる。
・多くは40歳以上から発病。
閉塞隅角緑内障 ・隅角(黒目と茶目の間)が狭くなることで房水の流れが妨げられ眼圧が上昇。
・50~60歳以上の女性に多い(男性の3~4倍)。
・遠視気味の人がなりやすい。
・開放隅角緑内障よりも眼圧が急激に上昇する。
正常眼圧緑内障 ・日本人の緑内障患者の約6割近くを占める。
・眼圧は正常だが、視野欠損が生じる。
続発緑内障 ・外傷、角膜の病気、網膜はく離、目の炎症など、他の疾患により生じる。
・ステロイド剤の長期点眼や内服、糖尿病や眼底出血など網膜の病気により生じる事が多い。
発達緑内障 ・生まれつき隅角が未発達であることから起こる緑内障。

緑内障の検査と治療

緑内障の検査方法

1 眼圧測定
角膜に空気やセンサーを当てて眼球の固さ(眼圧)を測ります。 正常値は10~21㎜Hgですが、緑内障の場合は、21㎜Hg未満なら問題ないというわけではありません。(日本人では正常眼圧緑内障が多い。)。眼圧を下げることが緑内障治療の基本となりますので、重要な検査です。
2 隅角検査
隅角の状態を調べ、隅角が十分に広ければ開放隅角緑内障、狭ければ閉塞隅角緑内障です。
3 眼底検査
視神経乳頭の状態、視神経乳頭出血を直接確認する検査です。
視神経乳頭の変化は視野の異常よりも先に現れますので、緑内障の早期発見、特に眼圧に変化が現れない正常眼圧緑内障の診断に有効です。
4 OCT
OCTでは網膜の神経繊維層を調べられるようになります。網膜神経細胞が20%減少してはじめて視野検査に異常が出るといわれていますので、視野異常が出現する前の緑内障の超早期診断で効果を発揮します。
5 視野検査
緑内障の確定診断、経過観察に欠かせない最も重要な検査になります。

薬による眼圧コントロール

緑内障の治療薬(点眼薬)には主に以下の5種類があります。
  • 房水の産生を抑える薬
  • 隅角での房水流出を促す薬
  • 隅角以外からの房水流出を増やす薬
  • 瞳孔を縮めて隅角を広げる薬
  • 循環を改善し視神経の働きを助ける薬
急性緑内障の治療では手術やレーザーが第一に選択されますが、慢性緑内障の場合は点眼薬での治療をします。緑内障のタイプや症状や視野異常の重症度によって2~3種類を併用することもあります。点眼薬だけでは効果が不十分な場合、内服薬、レーザー治療、手術療法と段階的に選択していきます。

尚、手術が必要となった際は、お茶の水 井上眼科クリニックをはじめとした高次医療機関へ適切にご紹介致します。

レーザー治療

レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進し眼圧を下げます。
比較的安全で痛みもなく、入院の必要がありません。

手術

房水の流れを妨げている部分を切開し、流路を作って房水を排出し眼圧を下げます。

医院概要

クリニック名 医療法人社団 亮明会
そが眼科クリニック
院長 蘇我 孟志(そが たけし)
日本眼科学会認定 眼科専門医
住所 〒154-0021
東京都世田谷区豪徳寺1-28-1
最寄駅 小田急小田原線
「豪徳寺駅」より徒歩2分

東急世田谷線
「山下駅」より徒歩3分

電話番号 03-6804-4934
診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30
[休診日] 木曜・土曜午後・日曜・祝日
※お茶の水 井上眼科クリニック 外来診療
★ご予約も承っておりますので、お気軽にお電話下さい。
★初めてコンタクトレンズの作成をされる場合にはお時間がかかりますので、診療終了時間の1時間前までに受付をしてくださいますようお願いいたします。
★眼鏡処方箋をご希望の方は事前にお問い合わせください。
受付終了時間は診療終了時間の15分前となります。