fortop

世田谷区 豪徳寺の眼科 そが眼科クリニック 緑内障、白内障、小児眼科、一般眼科を経験豊かな専門医が対応します。

内反症(さかさまつげ)
まつ毛貧毛症治療薬「グラッシュビスタ」
『グラッシュビスタ』日本ではじめて承認された睫毛貧毛症治療薬(まつ毛育毛治療薬)であるグラッシュビスタ。自分のまつ毛を太く、濃く、長くしたい方におすすめです。ご希望の方はお問い合わせください。
携帯サイト
ドクターズファイル
携帯サイト
当院へのアクセス
患者の気持ち

内反症(さかさまつげ)とは

内反症とは、まつげあるいは瞼縁の皮膚が眼球表面と接触してしまう状態のことです。それらにより角膜が刺激され、涙が多く出る、異物感、メヤニなどの不快な症状を引き起こします。
内反症が原因となる症状は、手術で改善することができます。
尚、内反症は先天性眼瞼内反症と加齢性眼瞼内反症に大別され、それぞれ手術方法が異なります。

内反症の症状

瞼が内側に巻き込まれ、まつげが角膜と接触し角膜炎や結膜炎を合併します。眼がゴロゴロしたり、充血、メヤニなどの症状が出現します。

内反症の治療

先天性の場合、自然に改善することが多くあります。
症状が軽ければ経過観察で大丈夫ですが、症状が強い場合は早めに手術を行います。
加齢性の場合は自然に治癒することはなく、症状が強い場合には手術を行います。

先天性眼瞼内反症の手術

成長するにつれて改善することが多いが、小学校高学年になっても改善無く症状が強い場合は手術を検討します。
上瞼では切開式重瞼術を行い、下瞼では過剰な皮膚と眼輪筋を切除し、皮膚・瞼坂・皮膚と縫合して内反を矯正します。

加齢性眼瞼内反症の手術

まつげを抜くと一時的に症状は改善しますが、まつげが生えると再発します。
皮膚や眼輪筋を縮める手術などで、瞼の前方と後方のバランスを整え治療します。
尚、手術にあたってはお茶の水 井上眼科クリニックやご希望の適切な医療機関へご紹介致します。

医院概要

クリニック名 医療法人社団 亮明会
そが眼科クリニック
院長 蘇我 孟志(そが たけし)
日本眼科学会認定 眼科専門医
住所 〒154-0021
東京都世田谷区豪徳寺1-28-1
最寄駅 小田急小田原線
「豪徳寺駅」より徒歩2分

東急世田谷線
「山下駅」より徒歩3分

電話番号 03-6804-4934
診療時間
9:30~13:00
15:00~18:30
[休診日] 木曜・土曜午後・日曜・祝日
※お茶の水 井上眼科クリニック 外来診療
★ご予約も承っておりますので、お気軽にお電話下さい。
★初めてコンタクトレンズの作成をされる場合にはお時間がかかりますので、診療終了時間の1時間前までに受付をしてくださいますようお願いいたします。
★眼鏡処方箋をご希望の方は事前にお問い合わせください。
受付終了時間は診療終了時間の15分前となります。